ARTISTS

actjp_a_013_jun_hara2_01m

原 純  (演出家)

Jun Hara

  • Facebook Social Icon

東京都出身。桐朋学園大学演劇科卒業。劇団四季研究所、ロンドン王立演劇院短期コース修了。大学時代より演出の活動を開始したが、ダンサー・舞台俳優として舞台のキャリアをスタートさせ、新国立劇場を中心に多くのプロダクションに出演。同時に演出家デヴィッド・ルボー、オペラ演出家ペーター・コンヴィチュニーらに師事し演出を専門的に学ぶ。

 

 近年オペラを主に演出家として「ドン・ジョヴァンニ」(ジョナサン・ノット指揮・ミューザ川崎シンフォニーホール)「カルメン」(文京シビックホール開館15周年記念公演)「フィガロの結婚」・「コジ・ファン・トゥッテ」(国立音楽大学コレペティートルコース・オペラ公演、東京学芸大学大学院オペラ公演)「ボエーム」(文京シビックホール主催、群馬オペラ協会主催公演・他)「魔笛」(尚美学園大学オペラ公演・他)「椿姫」「リゴレット」「愛の妙薬」グノー作曲「ロミオとジュリエット」「道化師」「友人フリッツ」、プッチーニ・三部作(「外套」「修道女アンジェリカ」「ジャンニ・スキッキ」)「蝶々夫人」「トスカ」、喜歌劇「こうもり」、「ヘンゼルとグレーテル」、プーランク「声」、ラヴェル「子供と魔法」等の数多くの幅広い作品の演出を美術・衣裳と共に手掛ける。いずれの作品にも共通する明解な知に裏付けられた劇的な演出、卓越した美意識に貫かれた美しい舞台は、各方面より高く評価される。

 

オペラ以外にはミューザ川崎シンフォニーホールに於いてのフルオーケルトラによるミュージカルナンバーのプログラムをメインとしたジルベスターコンサート(指揮は秋山和敬氏)の構成・演出・振付を2014・2015・2017・2018年と手掛け、また宝塚出身の緒月遠麻、未来優希らによるミュージカルショー「DIVA・輝きつづける女たち」(2017年・演奏:宮崎誠)の構成・演出も行い、いずれも好評を得る。

 

2019年12月、東京藝大、東京藝大COI拠点主催 「藝大21 七感で楽しむシアターSounding Seven Senses」 (世界初演・東京藝大奏楽堂)の演出を手がけ、世界的に活躍する作曲家・藤倉大と華麗なパフォーマンスで世界を魅了する義足のダンサー大前光市のコラボレーションによる 独創的な舞台を成功へと導いた。